微笑む女性

ほうれい線の悩みは治療で解消|自分の顔に自信を持とう

気になる口元のシワ

美容整形

口元の皮膚の特徴

口元周りの皮膚には、他の頬や顎、耳やおでこにはない特徴があります。それは、口元の皮膚は非常によく動くことです。話すときや笑うときには必ず口が動き、それに伴って周囲の皮膚がよく伸び縮みします。この伸び縮みが多いことで、口元と頬の間にシワができやすいのです。このシワが目立ったものがほうれい線です。このほうれい線ができる原因にはもう一つあります。それは老化です。老化するにつれ、顔の皮膚の内側にある筋肉が衰えてきます。すると筋肉が萎縮し、内部の体積が減ります。その減った分、皮膚の量が余分に余っている状態になり、これがシワとして刻まれてほうれい線になるのです。ほうれい線は、「老化の表れ」として捉えられることが多く、多くの女性がこれを意識しています。そのため、ほうれい線が目立つようになると、人と話すときにこれを過剰に意識してしまって、思い切って笑えない、あるいはいっぱい話ができない、といった悩みを抱えることがあります。場合によっては、食事でものを噛む際にこの線が表れることを恐れるあまり、食事さえ以前のように楽しめなくなる方もいます。それだけ、この線は女性の心理に大きな影響を与える要因になっています。しかしながら、ほうれい線は健康に問題があることを直接的に示す兆候ではありません。あくまで外見上あるいは心理的な影響があるものです。この線が目立つようになったからといって、病院やクリニックに早急にいって治療しなければならないという警戒を抱く必要はありません。

口元のシワを取る

ほうれい線を治療する方法があります。それは整形外科などの美容目的の医療機関で受けることができます。これは、美容を目的としたものであって、健康上の問題を治療するものではないので、原則として治療費は全額自己負担となります。保険適用されるケースはあまりありません。その治療法の中で代表的なものが、コラーゲンなどの皮膚内部の成分を「注入」する方法です。これによって、衰えた筋肉が萎縮した分の体積を取り戻すことができ、以前のようなハリのある口元になります。皮膚の内部が膨らんだことで、ほうれい線が目立たなくなる仕組みです。最近ではこのコラーゲン注入の効果をさらに高める工夫された方法が登場しています。それが「レーザー照射」です。注入されたコラーゲンは内部組織で徐々に馴染んで行くのですが、中には皮膚の内部組織として定着せずに分解されて失われてしまいます。これは異常ではなく、生体内の正常な反応です。そこで、その注入した成分の組織への定着する率を高める意味で、特定の波長をもったレーザーを該当する皮膚に照射します。これによって、注入されたコラーゲンが活性化され、自分の組織と一体になる確率が上昇します。これは、メスなどの切開を必要としないため、肌を傷つけることなく治療が行えるという特徴があります。さらに自分でも行える工夫があります。それは、口元の筋肉を鍛え、肌のハリを維持する「マッサージ」を継続することです。これは非常に大事です。なぜなら、筋肉は一度失われると再生することがないからです。コラーゲン注入やレーザー照射で得られた美しい肌を維持するためにも、自分での工夫も付加するとより効果が得られます。

若返りの方法

レディー

ほうれい線は老化現象の一つで、老け顔の原因にもなります。化粧品を使ったり、日々のストレッチで悪化を防ぐことは出来ますが消すことは出来ません。出来るだけ目立たなく消すことを求めるのなら、美容クリニックでの治療が必要です。

詳細を読む

老け顔の原因

注射

ほうれい線は見た目年齢に大きな影響を与えます。ヒアルロン酸やボトックスを注入したり、リフトアップなどの手術で治療をすることができます。ドクターには美的センスやデザイン力も必要となるので評判の良いドクターのいるクリニックを探しましょう。

詳細を読む

利用する手段は変わります

女医

注射を使うなど、ほうれい線治療には様々なものがあり目的に応じて適切に選ぶことです。短時間で終わり費用が少なくて済むのも利点です。できるだけ早めに治療を受けたほうがいいですが、しっかりと病院を選ぶことを忘れてはいけません。

詳細を読む